長距離ドライバーは一人で仕事を担当する時間が長い

トラックドライバーは、様々なドライバーの職種の中でも稼ぎやすいだけでなく、人間関係の難しさがないため、自分のペースで長く働けるといったメリットがあります。特に、全国各地の顧客や取引先を回る長距離ドライバーは、一人で業務をこなす時間が長いため、他人とコミュニケーションを取るのが苦手ない人や、黙々と一人で仕事をこなしたい人に向いています。最近では、人間関係を理由に他の業種からトラックドライバーへ転職を希望する人が増えており、各地の運送会社や物流会社でも活発な採用活動が行われています。そうした中、トラックドライバーの仕事に興味がある場合には、求職中に業務で必要となる免許の種類や運転技術について調べておくことが大切です。

会社負担で免許が取れる会社は若い人にもおすすめ

トラックドライバーを志す理由は人それぞれですが、人間関係を気にせずに自分の運転のキャリアや体力次第で高収入を狙いたい人にとって大きなメリットがあります。大手の運送会社や物流会社の中には、新たにトラックドライバーを目指す若者を採用して、大型免許取得に必要な費用をサポートしたり、教習期間中の手当を出したりしているところも珍しくありません。そのため、経済的な面で不安がある人は、早いうちから若手のトラックドライバーへのサポートが行き届いている会社の取り組みについて確認をすることが大事です。その他、正しい運転技術をマスターするうえで、運転免許を取得してから実際に業務を開始するまでの期間に丁寧な研修が行われている会社を選ぶのがおすすめです。

トラックドライバーの募集は、ハローワークや求人サイト、求人広告や求人雑誌などから探すことができます。