資格取得支援制度とは何か

多くのドライバーを抱える運送会社等では、資格支援制度を活用しています。資格支援制度とは、ドライバーのキャリアアップを目的に作られた制度の事です。この制度を利用すれば、大型や中型免許等の資格取得にかかる費用の全額もしくは一部を会社が補助してくれる為、ほとんど自腹を切る事無く資格を取得する事が出来ます。

それぞれ会社によって補助してくれる額は異なりますが、多くの会社がこの制度を導入しているので、大型トラックドライバーとして働きたい人は積極的にこの制度を利用すると良いです。
ただこの制度を利用するには、会社に継続して一定期間以上働く等の条件があったり、まずは自費で免許を取ってもらい、後からかかった費用を支払うという形をとっていたり、講習費用を代わりに払うのではなく貸してくれるだけという所もあります。その為自分の会社ではどの程度の支援を受けられるのか事前に調べておくと良いです。

資格取得支援制度で取れる資格は沢山ある

資格取得支援制度で取る事が出来る資格は沢山あります。まず大型自動車運転免許です。これは10トン以上のトラックを運転する時に必要な免許です。大型トラックの運転手は、中型トラックに比べても収入が高いケースが多いので、キャリアアップを目指す人には欠かせません。

またフォークリストを運転する免許も取る事が出来ます。この資格を取れば、物流や工場に倉庫等幅広い現場で働く事が出来ます。しかもフォークリフトを運転出来る人の需要は高まっているので、この資格さえ持っていれば仕事がなくなる事はほぼありません。
他にも運行管理者の資格や、衛生管理者に危険物取扱者、消防設備士に通関士等の資格も取れるので、スキルや収入アップを狙っている人は資格取得を目指してみると良いです。

トラック運転手の求人は、人手不足の影響で業務に必要な免許さえあれば採用される会社や、採用後に一定期間の業務研修がある会社のものが多くあります。